医療と介護のことについて

医療の中でも介護を必要とする人に対するものは特別なものがあります。
自分で身体を動かせない人の治療をする場合には、患者をしっかりとケアすることが大切になります。
患者に精神的な負担をかけないことが何よりも必要です。
そのために医師は最善を尽くして患者の治療にあたっています。
そして介護において大切なことは患者のやる気を失わせないことです。
できることは自分の手でさせてあげることが患者の気力を維持させることができます。
患者ができることまで何でも付き添いの看護師や介護士が行うことは好ましいことではありません。
そうした場合には看護師などはあくまで患者をサポートすることにとどまることで、患者の症状の改善を推進できる可能性があります。
その場合に大切になるのは患者に無理をさせないことです。
サポートを必要としている患者なわけですから、無理がない程度において患者の自立を助けてあげられるようにするのがもっとも理想的です。

Copyright(c) 医療 介護 All Rights Reserved.