banner

banner banner banner

医療職も含めてチーム全体で

banner 糖尿病には自己免疫疾患などが原因でインスリンの分泌量が少なくなる1型糖尿病もありますが、ごくわずかで、約95パーセントの方は遺伝的な因子に過食や運動不足、肥満といった生活習慣等が加わってインスリンの作用不足がおこる2型糖尿病です。
介護職としては食事時間や内容、飲酒状況などを確認し、指導の内容が守れていないようなら主治医などに相談します。
生活にあわせて治療法が変わることもありますし、理解度が十分でない場合は、保健所や医療機関の糖尿病教室などを紹介することも必要です。
ほかにも、介護職と一緒に調理をするといった支援もかんがえることも大事になります。
また、暑い時期は熱中症予防で水分摂取が大切ですが、糖分入りの飲料は疾患を悪化させてしまいますので何を飲んでいるのかを確認していきます。
正しい病気の知識や自己管理意識が乏しい在宅介護者の場合、適切な食事療法や薬物管理の実施が困難なため、医療職も含めチーム全体でその情報を共有し、働きかけられるようにしておくことが大切です。

自宅消費型太陽光ならネクストエナジー

プレミアなおしゃれ名刺で印象アップ

自然との調和を目指す企業です

banner 脳卒中には脳梗塞や脳出血などがあります。
脳梗塞は動脈硬化や血液の塊が脳の血管につまる病気で、

脳卒中患者における医療と介護の連携

banner 医療職がケアマネなどの介護職に対して期待しているのは、在宅介護者の生活の中での医療情報です。

医療職がケアマネに期待すること

banner 医療の中でも介護を必要とする人に対するものは特別なものがあります。
自分で身体を動かせない人の

医療と介護のことについて

Copyright(c) 医療 介護 All Rights Reserved.